手に入れた時に読みたい!プリザーブドフラワーのよくある疑問を徹底解決!

当サイトでは手に入れた時に読みたい、プリザーブドフラワーのよくある疑問を徹底解決しています。
一般的に2年程度は綺麗な状態で楽しめると評判のアイテムですが、初めて利用する場合には知っておくと役立つでしょう。
どんな種類の花もプリザーブドに加工できるのか、という疑問にもお答えしています。
さらにプリザーブド加工する場合、そのまま自分で持ち込んでも依頼は受けてもらえるのかという気になる疑問の解決にも役立つ可能性があります。

手に入れた時に読みたい!プリザーブドフラワーのよくある疑問を徹底解決!

プリザーブドフラワーが初めてだという人もいるのではないでしょうか。
その場合に知っておきたい良くある疑問の1つには、一体どのくらいの期間保つのかというものが挙げられます。
一般的にプリザーブドフラワーは2年程度綺麗な状態で飾って置けるといわれています。
ただし置き場所の環境にもよっても異なり、乾燥しているヨーロッパでは10年くらいもつこともあるようです。
長持ちさせるためには湿気や紫外線、エアコンの風を避けて保管します。

プリザーブドフラワーを長く楽しみたい場合どのように保管したらよいのか

生花や葉を長期間楽しめるように、専用の保存加工を施したのがプリザーブドフラワーです。
特殊な液の中に沈めて、水分を抜いて作ります。
プリザーブドフラワーはデリケートなので高温多湿の場所に置いておくと、花びらが透明になってしまったり着色した液がしみ出してしまう液だれやひび割れなどの症状が出てしまいます。
長く楽しむ為には正しい保管方法を知って、きれいなまま長持ちさせることが必要です。
目安としては温度は18度から25度位の間、湿度は約30から50%という環境を用意して保管するようにします。
また直射日光は色があせる原因となるので、強い光が当たる場所は避けて風通しの良い場所での保管が必要です。
管理方法を間違えなければ、3年以上も美しい状態で保存させることも可能です。
正しい保管方法を理解して、大切なプリザーブドフラワーを守るポイントを抑えるようにしましょう。
長く保管するとホコリが付いてしまう場合もありますが、その場合には柔らかいブラシを使って取り払うかドライヤーの弱い風を当てて吹き飛ばす方法も覚えておくと良いです。

せっかくもらった花束やブーケだからプリザーブドフラワーにて残したいけど加工は可能?

誕生日などの祝い事や記念日にもらったきれいな花は、日にちが経ってしまうと枯れてしまいます。
大切なプレゼントを長くきれいなまま保管したいと考える人に、ピッタリなのがプリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーは、英語のpreservedという単語の保存された花という意味があります。
特殊な液に沈めて色素を抜き取ることで、枯れることなく保存が可能で水やりの必要もないです。
本来は湿気の少ないヨーロッパなどでは5年から10年程もつと言われているプリザーブドフラワーですが、日本は高温多湿の環境なので保存期間は短くなります。
正しいやり方で加工を行い保存環境に気をつければ、長くきれいなまま保存することも可能です。
個人でも加工は出来ますがきれいな保存を目指すなら、加工を専門的に行っているお店への持ち込みがおすすめです。
せっかくもらった花束やブーケを保存したいと考えるなら、加工を行うお店を見つけてWEBサイトなどで比較して自分好みのお店への持ち込みをしてみてはいかがですか。

傷みがある花でもプリザーブドフラワーとして加工して飾ることはできる?

プリザーブドフラワーは生花に特殊な液をつけ水分と色を抜き、その後あらたに着色剤を吸わせて色を付けた加工したお花です。
造花ともドライフラワーとも異なっており、しっとりとした質感は生花そのものです。
水やりのしんぱいもなく、さらに長いこときれいな状態であることからもらったお花をプリザーブドフラワーにしたいと考えますが、その際注意しなくてはならないことがあります。
注意点は花の状態が良いうちに行うことがまずあげられます。
理想は6部咲きであり、咲ききっていない方が加工がしやすいです。
本来は花びらやガクの部分に傷がない方が良いのですが、少しであれば加工は可能です。
ですが傷んでしまっている場合は色の変色が起こりやすく、傷んでいる部分が茶色くなったり黒くなったりしてしまいます。
長くきれいな状態を保つには不向きなので、その部分だけそっと取り除くかもしくは傷んでいる花は避けてプリザーブドフラワーの加工をすると良いでしょう。

もらった花をプリザーブドフラワーにするなら何日後までならよい?

人気の高いプリザーブドフラワーは、もらった花を自宅で加工することができます。
その場合最も大切なのは鮮度であり、一番きれいな状態で残せるのは6から7分咲きになります。
完全に開いてしまうと加工している途中で花びらが散ってしまうこともありますし、バラバラに分解されてしまうこともあるからです。
そのため加工するのは惜しい、と感じる時がちょうどよく、咲ききっていないものをプリザーブドフラワーにする必要があります。
このようなことからもらった花をプリザーブドフラワーにする場合、季節で異なるものの夏は5日程度、冬は10日程度となります。
実際にはこの時間以上空いていても、花の状態が良ければ加工することができます。
さらにすべての花でなく状態の良いものをピックアップしてプリザーブドフラワーにすることも可能です。
季節や部屋の温度によって異なりますが、どの場合も花が咲ききらないうちに液につけるなどの作業を行うことが大切です。

プリザーブドフラワーに関する情報サイト
プリザーブドフラワーの疑問

当サイトでは手に入れた時に読みたい、プリザーブドフラワーのよくある疑問を徹底解決しています。一般的に2年程度は綺麗な状態で楽しめると評判のアイテムですが、初めて利用する場合には知っておくと役立つでしょう。どんな種類の花もプリザーブドに加工できるのか、という疑問にもお答えしています。さらにプリザーブド加工する場合、そのまま自分で持ち込んでも依頼は受けてもらえるのかという気になる疑問の解決にも役立つ可能性があります。

Search