手に入れた時に読みたい!プリザーブドフラワーのよくある疑問を徹底解決!

当サイトでは手に入れた時に読みたい、プリザーブドフラワーのよくある疑問を徹底解決しています。
一般的に2年程度は綺麗な状態で楽しめると評判のアイテムですが、初めて利用する場合には知っておくと役立つでしょう。
どんな種類の花もプリザーブドに加工できるのか、という疑問にもお答えしています。
さらにプリザーブド加工する場合、そのまま自分で持ち込んでも依頼は受けてもらえるのかという気になる疑問の解決にも役立つ可能性があります。

手に入れた時に読みたい!プリザーブドフラワーのよくある疑問を徹底解決!

プリザーブドフラワーが初めてだという人もいるのではないでしょうか。
その場合に知っておきたい良くある疑問の1つには、一体どのくらいの期間保つのかというものが挙げられます。
一般的にプリザーブドフラワーは2年程度綺麗な状態で飾って置けるといわれています。
ただし置き場所の環境にもよっても異なり、乾燥しているヨーロッパでは10年くらいもつこともあるようです。
長持ちさせるためには湿気や紫外線、エアコンの風を避けて保管します。

プリザーブドフラワーを長く楽しみたい場合どのように保管したらよいのか

生花や葉を長期間楽しめるように、専用の保存加工を施したのがプリザーブドフラワーです。
特殊な液の中に沈めて、水分を抜いて作ります。
プリザーブドフラワーはデリケートなので高温多湿の場所に置いておくと、花びらが透明になってしまったり着色した液がしみ出してしまう液だれやひび割れなどの症状が出てしまいます。
長く楽しむ為には正しい保管方法を知って、きれいなまま長持ちさせることが必要です。
目安としては温度は18度から25度位の間、湿度は約30から50%という環境を用意して保管するようにします。
また直射日光は色があせる原因となるので、強い光が当たる場所は避けて風通しの良い場所での保管が必要です。
管理方法を間違えなければ、3年以上も美しい状態で保存させることも可能です。
正しい保管方法を理解して、大切なプリザーブドフラワーを守るポイントを抑えるようにしましょう。
長く保管するとホコリが付いてしまう場合もありますが、その場合には柔らかいブラシを使って取り払うかドライヤーの弱い風を当てて吹き飛ばす方法も覚えておくと良いです。

せっかくもらった花束やブーケだからプリザーブドフラワーにて残したいけど加工は可能?

誕生日などの祝い事や記念日にもらったきれいな花は、日にちが経ってしまうと枯れてしまいます。
大切なプレゼントを長くきれいなまま保管したいと考える人に、ピッタリなのがプリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーは、英語のpreservedという単語の保存された花という意味があります。
特殊な液に沈めて色素を抜き取ることで、枯れることなく保存が可能で水やりの必要もないです。
本来は湿気の少ないヨーロッパなどでは5年から10年程もつと言われているプリザーブドフラワーですが、日本は高温多湿の環境なので保存期間は短くなります。
正しいやり方で加工を行い保存環境に気をつければ、長くきれいなまま保存することも可能です。
個人でも加工は出来ますがきれいな保存を目指すなら、加工を専門的に行っているお店への持ち込みがおすすめです。
せっかくもらった花束やブーケを保存したいと考えるなら、加工を行うお店を見つけてWEBサイトなどで比較して自分好みのお店への持ち込みをしてみてはいかがですか。

傷みがある花でもプリザーブドフラワーとして加工して飾ることはできる?

プリザーブドフラワーは生花に特殊な液をつけ水分と色を抜き、その後あらたに着色剤を吸わせて色を付けた加工したお花です。
造花ともドライフラワーとも異なっており、しっとりとした質感は生花そのものです。
水やりのしんぱいもなく、さらに長いこときれいな状態であることからもらったお花をプリザーブドフラワーにしたいと考えますが、その際注意しなくてはならないことがあります。
注意点は花の状態が良いうちに行うことがまずあげられます。
理想は6部咲きであり、咲ききっていない方が加工がしやすいです。
本来は花びらやガクの部分に傷がない方が良いのですが、少しであれば加工は可能です。
ですが傷んでしまっている場合は色の変色が起こりやすく、傷んでいる部分が茶色くなったり黒くなったりしてしまいます。
長くきれいな状態を保つには不向きなので、その部分だけそっと取り除くかもしくは傷んでいる花は避けてプリザーブドフラワーの加工をすると良いでしょう。

もらった花をプリザーブドフラワーにするなら何日後までならよい?

人気の高いプリザーブドフラワーは、もらった花を自宅で加工することができます。
その場合最も大切なのは鮮度であり、一番きれいな状態で残せるのは6から7分咲きになります。
完全に開いてしまうと加工している途中で花びらが散ってしまうこともありますし、バラバラに分解されてしまうこともあるからです。
そのため加工するのは惜しい、と感じる時がちょうどよく、咲ききっていないものをプリザーブドフラワーにする必要があります。
このようなことからもらった花をプリザーブドフラワーにする場合、季節で異なるものの夏は5日程度、冬は10日程度となります。
実際にはこの時間以上空いていても、花の状態が良ければ加工することができます。
さらにすべての花でなく状態の良いものをピックアップしてプリザーブドフラワーにすることも可能です。
季節や部屋の温度によって異なりますが、どの場合も花が咲ききらないうちに液につけるなどの作業を行うことが大切です。

プリザーブドフラワーを仏壇に飾る時に気を付けるべきこととは

プリザーブドフラワーはお祝いの花としてだけでなく、仏花で飾ることも多くなってきています。
プリザーブドフラワーは長い時間同じ風合いを残すことができ、水替えの心配はありません。
枯れることがないのでそのまま長く飾っておくことができます。
ですが花に特殊な加工を施しているため、屋内にのみ飾ることができるほか、花の良い香りはしません。
プリザーブドフラワーは日にあててしまうと色褪せが進んでしまい、見た目も悪くなってしまいます。
このようなことから紫外線や湿気に気を配り、できるだけ日のあたらないところに置くと良いでしょう。
なお、一般的にお仏壇は日なたを避けて設置されています。
ほぼ日はあたりませんが、西日や朝日があたらないように注意が必要です。
湿気に関しても高温多湿に弱い性質であり、花びらが半透明になっているとお部屋の湿度が高くなっており、吸湿している可能性があります。
そのため除湿機を使用して湿度を下げるようにしてください。
特に梅雨の時期は注意が必要です。

プリザーブドフラワーをお供えに使うメリットとは何か

お仏壇にお供えするお花は一般的に生花のことが多いです。
これは御先祖様に手向けるお花は、尊いものであり、いつか必ず滅びる、という命の儚さも示しているからです。
ですが近年はプリザーブドフラワーを飾っても良いという風潮になってきており、実際に使用することが多くなってきました。
プリザーブドフラワーをお供えに使用するメリットは、水替えをする必要がないため手入れが簡単なこと、半年から3年ほどは同じ風合いを保つことができることがあげられます。
生花の場合季節によって異なりますが、1週間ほどで枯れてしまい、新しいものに入れ換えなくてはなりません。
プリザーブドフラワーならばそもそも水が必要ないため、水自体もいらないですし、枯れることもなく、きれいな状態を保つことができます。
さらに生花でないため花粉もなく、花びらが落ちることもないです。
このようなことから花粉症の方でも安心して室内に飾ることができ、常に咲き続けることができます。

プリザーブドフラワーを仏花として贈る時に注意するべき点とは

プリザーブドフラワーは生花の一番美しい時期に色素を抜き、特殊な加工を施して作られているので、生花のように枯れる心配がなく面倒な水やりをせずともいつでもきれいな状態を維持することが出来るメリットがあります。
過去には知名度の低さが問題でしたが、最近ではお花の好きな方へ贈る仏花として選ばれる事が増えています。
水やりなどをしなくても約5年はきれいな状態を維持できるといわれているプリザーブドフラワーですが、正しい管理をしていないと美しさが損なわれてしまう可能性があります。
そこで仏花として供える際に注意しなければいけないのが、プリザーブドフラワーは高温多湿や直射日光のあたる環境は苦手なので、花びらの透明化や液垂れを防ぐためにも室温18~25℃、湿度は30~50%の環境で保管するようにしてください。
夏場の日中はクーラーや空調の行き届いた場所で保管するときれいな状態を維持しやすくなります。
また長く飾っているとどうしても花びらの表面に埃がつきやすいため、どうしても気になる場合には毛先の柔らかい筆タイプのチークブラシを使用して取り払うか、ドライヤーの冷風で埃を吹き飛ばすようにしましょう。

プリザーブドフラワーが贈り物に良いと言われる理由は何か

各種趣味の教室でも盛んに取り上げられることの多いプリザーブドフラワーは、女性にも人気の趣味で特に自宅などで飾っておく上でも優れています。
もちろん日本では花を贈る文化が存在するので、プリザーブドフラワーを贈答用にすることも魅力的です。
むしろプリザーブドフラワーの方が生花よりも管理しやすい点で贈り物に優れ、それほど手間をかけることもないからとなります。
例えば生花では水替えが必要であったり、しおれた葉っぱを除去するなどの管理が重要です。
他にも長持ちさせるために茎を切ったり、さらには活性水を導入したりが必要になります。
こうした手間が発生し、枯らしてしまうと自分の管理が悪かったのではと落ち込むこともしばしばあります。
そういった事情からも上記の事柄が無縁になるプリザーブドフラワーは管理しやすい花となりますので、贈り物に最適だと支持されています。
料金も割高になりますが、その元を取ることができるほど保存期間も長く、見るたびに誰に貰ったかを思い出させてくれます。

プリザーブドフラワーと生花の違いとは何か

プリザーブドフラワーは、元となる生花に薬剤を染み込ませて加工して製作されるもので、色にこだわりを持つことで色彩が豊富となる特徴があります。
元にする花を脱色させますが、そのまま利用するので自然の味わいを感じることが可能です。
一番の違いはプリザーブドフラワーの方が寿命が長いので、長期間にわたり美しさを保つことができ生花みたいにしおれたり枯れたりする心配がないです。
長期間持つものであれば、1~3年ほどの保存も可能で、瑞々しい美しさを感じることができます。
色彩が豊富な点に関しても、従来の生花に存在しない着色を行うこともでき、自分の気に入っている色合いで仕上げられるメリットもあります。
他にも生花の場合、毎日、水替えの手間がかかりますが、プリザーブドフラワーは替えずに済むので楽ができます。
ただ製作のための値段がかかってしまう点があり、対応できる花の種類も少なかったり、湿気が高い場所では腐食してしまう恐れも存在します。

プリザーブドフラワーに関する情報サイト
プリザーブドフラワーの疑問

当サイトでは手に入れた時に読みたい、プリザーブドフラワーのよくある疑問を徹底解決しています。一般的に2年程度は綺麗な状態で楽しめると評判のアイテムですが、初めて利用する場合には知っておくと役立つでしょう。どんな種類の花もプリザーブドに加工できるのか、という疑問にもお答えしています。さらにプリザーブド加工する場合、そのまま自分で持ち込んでも依頼は受けてもらえるのかという気になる疑問の解決にも役立つ可能性があります。

Search